平和の作り方


by mizukanlimba
「美しい花はありません」。
美しさはその花が美しいと感じる
「人の心の中にこそある」と思います。
2030年には、世界の人口は80億人になり、
そして、その2/3の人たちは、
水に苦しむと言われています。
<水カンリンバ>を手にした子どもたちが、
水の音を聞きながら水に苦しむ人々のことを思い、
水の大切さを心でしっかり受けとめてくれれば、
やがて飢餓や戦争のない平和な世界になります。
ひとりひとりの思いは小さくても、
一つになれば大きな力になります。
一枚の葉先から落ちる一滴の雫が、小川になり、
時には山を穿ち、大海に注ぐように。
「心の川」を流しましょう。
<水カンリンバ>を子どもたちに渡す時に、
私からのメッセージも伝えてください。

           ___旅の音楽家 丸山祐一郎さん

ビリンバウ奏者丸山祐一郎さんがそんな思いで開発した、
空き缶をつかった素朴で楽しい楽器「水カンリンバ」。
その作り方を写真入りで紹介します。

e0131616_20574840.jpg







190mlの空き缶(アルミ)4個と、
木槌、クラフトハサミ、横切りの缶切り、ラジヲペンチ、
ビニールテープ、木工用ボンド、耐水性接着剤、カマボコ板、水180CCを用意。
4つの空き缶のうち、一つはプルタブ側、二つは底側を、
横切用缶切とクラフトハサミで切り取る。一つはそのまま。
e0131616_20374643.jpg







両側とも切り取っていない空き缶に水を九分目いれ、
ふちに耐水性接着剤を塗ったあと、
プルタブ側を切り取った空き缶をさかさにして木槌とカマボコ板を使って、
5mmほど叩き入れ、水のカンヅメを作る。
e0131616_20375777.jpg







残った二つの空き缶は接着剤を使わずに、
木槌とカマボコ板でたたき入れる。
プルタブを取り去った空き缶の飲み口に切り目をいれ、
カリンバの鍵盤を作る。
e0131616_2038751.jpg







木工用ボンドをカンリンバの表面に塗り、
好きな包装紙で巻く。
写真は百円均一の和紙。
筆ペンで絵がかける。

e0131616_10185520.jpg
できあがり。
音はコッチ→
[PR]
# by mizukanlimba | 2008-02-06 20:38